カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
  • ホーム
  • レースハンカチのお手入れ方法
 

レースハンカチのお手入れ方法




グラッチェのレースハンカチは繊細なデザインになっています。
洗う場合は、手洗いもしくはネット洗いをおすすめをいたします。また、汚れ部分の落とし方は、中性洗剤を直接含ませ、手もみしてください。

黄変を防ぐため直射日光は避けて、陰干しをしてください。

アイロンをかける際は、中温140〜160で、アイロン台の上に柔らかい布を当て、コーナー(対角線上)に刺繍が潰れないようにハンカチ(レース)裏側からやさしくアイロン掛けしてください。
 

品質には細心の注意を払っておりますが、お気づきの点がありましたら弊社までご一報お願い申し上げます。


 
 

レースハンカチの保管


レース製品は、長時間に強い日光にあたると、生地が黄色くなったり、傷みやすくなります。
涼しくて風通しの良いところで保管することをおすすめします。

その他一般的なハンカチのお手入れ方法


ハンカチを洗濯するときに注意すべきこと

ハンカチは、ものによってはひじょうにデリケートな作りなので、手洗いがふさわしい場合もあります。
洗濯機で洗う場合も、ネットに入れてやさしく洗いましょう。
材質により漂白材を使い分けることは大切なポイントです。
コットンやポリエステル、麻の場合は粉末状の酸素系漂白材が適しています。シルクには液体の酸素系漂白材を使いましょう。
塩素系漂白剤は、色落ちの原因になるので使用は厳禁です。

ハンカチの種類別お手入れ方法
ハンカチのお手入れは、素材や飾りの特徴を考えながら行う必要があります。
ここからはハンカチの種類別にお手入れの方法をご紹介していきます。
刺繍やレースのハンカチ

一般的な刺繍やレース素材のハンカチは、特に刺繍部分に注意して洗います。
洗濯機ではかならずネットに入れ、乾燥機は使用しません。
アイロンも当て布をしつつ、低い温度でかけましょう。
手刺繍のハンカチ

手刺繍のハンカチはとてもデリケートなので手洗いが基本です。
やさしく絞るように洗ってください。汚れがひどい場合は、粉末状の酸素系漂白材につけ置きしたあとに手洗いします。
アイロンをかける際は、少し水を含ませた状態にしておくと仕上げやすいでしょう。
パイル地のハンカチ

パイル地はほつれやすいので、金属パーツの付いた、引っかかりやすいものと一緒に洗うのは避けましょう。
かならずネットに入れて洗濯し、あまり強く脱水しないようにします。
強く脱水すると、一つひとつのパイルが潰れてしまうので、
パイル独特のやわらかさが失われてしまいます。
ガーゼのハンカチ
やわらかく軽いガーゼのハンカチは、パイル地同様にほつれやすいので
、金具などの付いた衣類とは別にして洗いましょう。
手洗いがおすすめですが、洗濯機で洗う場合は、かならずネットに入れます。
洗濯が終わったら放置せずに、やさしく形を整えつつ陰干しします。
そのほかのハンカチでも、基本的には洗濯ネットに入れてやさしく洗います。

ハンカチにアイロンをかける

たった今、少しご紹介しましたが、ハンカチにアイロンをかける際は、
基本的には当て布をします。素材により温度を調整することが、ハンカチへのアイロンがけの肝だといえるでしょう。
まず、アイロンの電源を入れたら、それぞれのハンカチにあった温度に合わせます。
デリケートな素材のものは低温に、
一般的なコットンや麻製のものなら、高め(180から210℃程度)に合わせます。
設定温度になるまで多少、時間がかかるので、
その間に霧吹きを使ってハンカチに湿気を与えます。
アイロンがけは、霧吹きで湿気を与えつつ、形を整えながら行うことが大切です。
ハンカチが複数ある場合は、まとめてアイロンがけしてもOKです。
注意すべきは生地の縦横を確認すること。
生地を引っ張ってみて、その方向に伸びにくければ、それは縦方向です。
ハンカチは、横方向に半分に折ってからアイロンをかけます。
しっかりとコーナーが合わない場合は、少し手で引っ張りながら、
ゆっくりとアイロンを当ててプレスしましょう。
緯糸(よこいと)→真ん中→もう一辺の緯糸と移動し、締めとして一番下にアイロンを当てたら片面は終了。
同じ要領でもう片面を仕上げます。
すべて終わったら、たたんでからアイロンを押し当てて仕上げます。
言葉では面倒な感じもしますが、慣れてしまえばかんたんです。
ハンカチはデリケートな素材のものも多いので、洗濯の前にかならず表示を確認し、
やさしく洗いましょう。
洗濯機で洗えるハンカチでも、ほかの洗濯物との相性を考えてあげることで、お気に入りのハンカチを長く使えます。